【離脱率と転換率を改善】カテゴリページ制作における3つのポイント

0
5372

カテゴリページが持つ役割は非常に重大です。
適切な制作方法を理解した上で構築できていれば、離脱率を改善し、かつ転換率をあげることが可能です。
商品ページやトップページの作り込みを重要視するあまり、カテゴリページがデフォルト設定のままという店舗はよく見ます。

売れている店舗も、まだ開店間もない店舗もカテゴリページの作り込みは必ず行いましょう。

本記事ではカテゴリページの制作方法についてフォーカスし、
より具体的なレイアウト構成の提案などもしていきます。

実際に売れている店舗を解析することでわかるカテゴリの分け方、
サイドメニューへのカテゴリメニューの表示の方法について理解が不足している方は、
まず売り上げ上位店舗から学ぶ、最も効果的なカテゴリの分け方の記事をお読みいただいた上で、本記事を読み進めてください。

本記事の索引 -INDEX-

Yahoo!ショッピングにおいてはカテゴリの階層が深ければ深いほど、
カテゴリページを作り込む必要があります。
デフォルト設定のままですと、カテゴリページに商品が何も表示されないため、
せっかく訪れたユーザーに「商品が登録されていない」という誤解を招く恐れがあります。

スポンサードサーチ

1. まずは作り込むカテゴリページを決定する。

全カテゴリを作り込むことになりますが、まずは優先度の高いカテゴリを選定することが重要です。
まず情報として「離脱率」、「PV(ページビュー)」の情報を集めます。

Yahoo!ショッピングのアクセス解析

Yahoo!ショッピングでは、

から各ページの離脱率やPV(ページビュー)の情報を閲覧することが可能です。

今回はより多くの情報を集めるために、「月次」での情報を対象に解説していきます。

月次データの解析

月次をクリックすると、統計結果がグラフの下に以下のように表示されます。

月次データの統計結果の表

「お客様行動履歴」の画面では、カテゴリページ以外にも各商品ページや、
その他のページ情報についても表示されていますので、
目視でどれがカテゴリページなのかを判断してください。

CSVをダウンロードし、先ほど目視で確認したようにカテゴリページ以外のデータについては、
削除しましょう。

アクセス解析結果のCSVデータ保存について

2. アクセス分布図(散布図)を作成して視覚的に状況を把握する

「離脱率」、「アクセス数(PV)」のデータをもとにアクセス分布図(散布図)を自作してみましょう。

以下の手順でエクセルで簡易的にアクセス分布図(散布図)が作成できます。

アクセス分布図(散布図)イメージ

上記のようにそれぞれのデータを基にした散布図を用意します。
※エクセルで作成した「散布図」とは違う画像になります。

この情報を基に改善するべきカテゴリページを洗い出します。

アクセス分布図(散布図)イメージその2

上記のように4つのブロックに分けて考えていきます。

アクセス分布図(散布図)における各ブロックの重要度に関する表

離脱率・アクセス 優先度 施工内容
左上のブロック 離脱率:
アクセス:
離脱率を改善する施工が必要
左下のブロック(B) 離脱率:低
アクセス:
店舗トップからアクセスを流入させる
右上のブロック(A) 離脱率:
アクセス:多
ページ上部に
・新着商品の表示
・カテゴリ内売上ランキング設置
右下のブロック 離脱率:低
アクセス:多

右上(A)と左下(B)のブロックにおいてはより右下(緑)に近づけるように施工していこう。
具体的な改善案は上記表示記載してあるので実践しよう。
優先度としては、アクセスが多いが離脱してしまっている右上(A)のブロックから順に施工していこう。

3. 理想的なカテゴリページのレイアウト

国内外問わず売れているECサイトのカテゴリページを閲覧していく中で、
カテゴリページにおける重要なレイアウトパターンというものがあることがわかった。

とくに写真に関しては大きめのサイズで開催しておきたい。
装飾などにこだわり過ぎる必要はなく、写真や簡単なテキストだけでも構わないので、
まずはカテゴリページに手を加えてみよう。

ECサイトにおけるカテゴリページの理想的なレイアウト例

商品の並べ替え機能については、Yahoo!ショッピングでも標準的な機能がある。
そのまま使用して構わないだろう。

4. まとめ

本記事はメインコンテンツ部分におけるカテゴリページの作り込みについて触れました。
「アクセス分布図(散布図)における各ブロックの重要度に関する表」を基に、
重要度が高い順にカテゴリページを作り込むことで、売上アップが可能になります。

ヘッダーやサイドメニューにおいても同様に作り込む必要がありますので、
以下の記事も合わせてお読みください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください