夢ってなんだろう?

0
100
                        「少女と月桂樹」  

スポンサードサーチ

夢ってなんだろう?

私は、中学の時、本当に勉強が嫌いで、美術、音楽、技術以外は、通信簿3くらいでした。

中学の時の夢は、デザイン業界に入る事。

浜松工業高校のデザイン科に入りたかったのですが、勉強が嫌いだったので、推薦枠が通らず、他の学校も紹介されたけど、そこでデザインの世界は諦めたのです。

その次は、私はエレクトーンを習っていたので、エレクトーンの先生を目指しました。

実技は、良かったのですが、楽典にひっかかって、駄目になりました。

私は、吹奏楽部だったのですが、フルートを担当させていただき、高校の時は、ソロパートも頂けてとても感謝しています。

それでも、最初は嫌々だったのです。

やめたくて仕方なかったけれど、やめさせてくれなくて嫌々部活に行ってたのですが、先輩の指導が厳しくて、本当にその時は辛かったです。

定期演奏会も何の為にやってるの?

と、嫌々だったのですが、

定期演奏会が終わったあと、凄い達成感がありました。

頑張ってたわけじゃないけど、ああ、終わったんだという達成感です。

それから、部活に行くのが楽しくなって、

苦手な十二音階も出来るようになってきて、ソロも頂けて、本当に充実した高校生活でした。

決して、自分の思い通りの学校に入れた訳ではないけれど、

若い時の苦労は買ってでもしろ!

と言いますが、本当にそうですね。

その時の達成感があるから、努力出来るというか。

音大目指しても良いと思う。

それから、17年くらいたって、私はその時フルートを極めたいと思いました。

結婚式場の生演奏の試験もうけ受ました。

結果は次点だった、ようは補欠だったのですが、受かりました。

技術的な問題もあると思うので、フルートの先生を探しました。

出会った先生は、とても良い先生で、私に、音楽に対する情熱があると仰られていて、今から音大目指しても良いと思うと言ってくださいました。

でも、今からはあまりにも遅すぎますし、色々あって辞めることになってしまったのですが、そこでとりあえず、フルートの道は諦めました。

イラスト教室開いたら?

どこかかりて。

と、簡単におっしゃいますが、なかなかバックボーンのな私が、イラスト教室開く

のは、ハードル高いですよと思いましたが、私に、そう言ってくださるという事は、何かあると思うのですが、自信ないと思ってしまうのが、現状です。

結局最後にのこったのは、絵だったのですが、

世の中本当に何が起こるかわからないので、世の中というか、人生ですね。

自信は、最近は先生が褒めてくださるので、少しは僅かですが、自信をもてるようになってきました。

怒られて、もう行きたくないな。ってそう思うこともありますが、

でも、怒ってくれる人は、大切にしなければいけません。

なかなか、怒ってくれる人いませんからね。

みんな、嫌われるのを恐れて、本当の事いってくれませんから。

最後に残こったのは、楽しいという事。

フルートもエレクトーンも楽しいのですが、絵は正解がないというのが面白いと思いました。

これから、コンペに参加するので、更新なかなか出来ないかもしれませんが、

私が言いたいのは、本当に楽しいという事は、嫌いにならないということ、

締切がある仕事だと、この日までにしあげなきゃと思うので、苦しいことは苦しいですが、なんとか乗り切れると思う。

夢を持つというのは、良いこと。

でも、現実とのバランスも大事です

最後までお読み頂きありがとうございました。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください