意外と知らないクリーニングの基礎知識⑥毎日暑い中仕事で着ているスーツ!汗でベタベタゴワゴワになっていませんか?~家庭用ドライコースの落とし穴情報付き~

0
224

皆さんこんにちは。ダイエット進行中ののんです。


今のところリバウンドしていない......と、思われます(;^ω^)

梅雨が明けて、夏本番になったら一気に気温が上がり体に負担がかかっているのを実感されているのではないのでしょうか?

外は高温!!

そんな中、汗だくになってお仕事をされている皆さんに必見です!

その汗だくになったスーツ
クリーニングに出すとき、1つ付け加えてもらいたいオプションがあるのです。

それは、汗抜きクリーニング!

汗抜きクリーニング!についての記事はこちらをどうぞ!

ところで皆さんのご家庭の洗濯機に
[ドライコース]はありますか?

この[ドライコース]には、落とし穴があるのです。

クリーニング店で行うドライクリーニングと家庭用洗濯機のドライコースは

同じではないのです!

・クリーニング店=ドライクリーニング
     ↑
 水で洗いません

・家庭用洗濯機=ドライコース
     ↑
 水で洗います

クリーニング店で行うドライクリーニングとは、揮発性の溶剤とドライクリーニング用の洗剤を使って衣類を洗う方法で、衣類を変形させるような物理的な力は極力加えずに、科学的に汚れだけを取り去ってしまうのが最大の特徴です。
レーヨンやテンセル、絹、ウールなどの水によって型崩れや収縮を起こしたり、光沢がなくなってしまう製品にはドライクリーニングが最適です。

よって、市販の洗濯機にある「ドライコース」はクリーニング店のドライクリーニングとは全く洗い方が異なるのです。

ちなみに、「ドライマークの衣類も洗える」家庭用洗剤は、昔からあるウール用の洗剤と同じ中性洗剤が使われているので、こちらもクリーニング店のドライクリーニングとは異なります。

まとめ

クリーニング店のドライクリーニングと、家庭用洗濯機のドライコースとでは、全然違います。

油溶性の汚れや型崩れが心配な衣類は迷わずドライクリーニングへ!!

暑い中でお仕事をされている皆さん!汗抜きクリーニングをした気持ちのよいスーツでさわやかに仕事をしませんか?

梅雨が明けても衣類のカビでお悩みの方はこちらもどうぞ!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください