え!?400年もつスマホのバッテリーが発明された!?

0
2383

本日はスマホのバッテリーについてのお話です( ^ω^ )
使っているうちにだんだんバッテリーの持ちが悪くなってきた・・・
そんなスマホのバッテリーの持続時間に悩んだ事はありませんか?

スマホバッテリーの持ちが悪くなってきたというお話

そうなんです。。。
バッテリーというのは放電〜充電を繰り返す度に劣化していきます。

家にいるときは充電ケーブルを接続しっぱなし。。。
こういう使い方もバッテリーの劣化を促進します。

そして多くのスマートフォンのバッテリーの性能からして、
だいたい1~2年で寿命になります。

寿命がおとずれると「最近バッテリーの減りが早いな・・・」と感じるわけです。

しかし、近い将来、寿命という概念のない最強のバッテリーが
世の中に出現する日も近いかもしれません。

ーーーカリフォルニア大学アーバイン校(UCI)の博士課程の学生が、
400年もつ充電式バッテリーを発見したのです!
1年・・・いや、400年もつバッテリー。。。
ちょっと想像できませんね・・・
ウェブメディア「GOOD」が以下のように報告しています。

UCI の研究チームは、ナノワイヤーを使った電池の開発と実験を進めていましたが、微細で脆弱なナノワイヤーは、充電サイクルの回数が限度を超えると劣化して切れてしまうという問題にぶつかっていました。1回の充電サイクルとは、100%あったバッテリー容量を0%まで使い切り、また100%まで充電するまでのサイクルを指します。ある日Thai さんは、ふとしたミスから、金のナノワイヤーを、二酸化マンガンでコーティングし、さらにプレキシグラスのようなアクリル樹脂のゲル電解質で覆うことになりました(つまり、手に付着したゲルがミスでナノワイヤに付いてしまった)。

「彼女がゲル電解質キャパシタを充放電し始めたところ、驚いたことが起きました」と言うのはUCIの化学部長Reginald Penner氏です。「彼女が『1万サイクルを突破し、まだいけるようです』と言うのです。数日経って今度は『3万サイクルに達しました』と。それが1カ月持続したのです」(翻訳はlifehackerより抜粋)

これが世に現れればバッテリーの寿命に悩まされる事がなくなります。
さらに「もち」が良くなれば充電せずに何日も使い続けられます。

私は今ガラケーを使っています。
しかも通話のみの契約でインターネットを使っていません。
スマホ端末自体は持っていますが、Wi-Fi環境でのみ使用しています。
というのも私が使っていたスマホが購入後1年も経った頃には
バッテリーの調子が悪くなり、朝には100%だったバッテリーが
会社に着く頃には(通勤時間5分程度)には0%になって切れる。

という恐ろしい状態になってしまったのです。。。泣
常に充電ケーブルを接続しておかなければならず、
これではまともに使うことなどできずに使用を断念しました。
バッテリー交換という手もあったのですが、
昔は電車での移動時間があれば普段は見れない景色を眺めては、
ワクワクしたりインスピレーションが湧いたりしたものです。
スマホを持っているとついつい手元に意識が集中してしまい、
窓越しに想いを馳せる事もなくなってしまいました。

この際、あえて時代を逆行してガラケーにしてみようと思ったわけです。

いざガラケーになってみると、いやはや不便でなりません。
一番辛いのがスケジュール管理機能を失った事です。
これまではPCとスマホでカレンダーを共有して常にスケジューリングし、
予定の○分前にはアラートで通知・・・などタスク管理をしていたものが、
PCでしかカレンダーをチェックできなくなり、PCの前にいなければ
アラートも受けられない。。。

ガラケーでもカレンダーにてスケジューリングしていますが、
PCと連動していないため不便なのです。

スマホを持つとモバイルバッテリーを一緒に持ち歩かなければならないため、
全然スマートじゃないじゃん。。。などと感じていたものです。

手元でさっとスケジュールをメモしてPCと連動させる。
美しい景色や愛娘の面白可愛いしぐさをさっと撮影する。

スマホのバッテリー問題が解決したのなら、
ぜひともスマホに戻りたいと考えています( ^ω^ )

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください