SEO対策

本日人気の記事

商品撮影はこれでバッチリ!ISO感度を調整して写真を美しい仕上がりにする方法 ~その2~

商品撮影はこれでバッチリ!ISO感度を調整して写真を美しい仕上がりにする方法 ~その2~

シンエイシステムズのRieです!

前回の『商品撮影はこれでバッチリ!ISO感度を調整して写真を美しい仕上がりにする方法〜その1〜』ではISO感度を下げていくごとに、どんどんしゃちょー
のように黒く黒くなってしまったわけですが・・
今回は、ISO感度だけではなく、撮影モードとシャッタースピードを調整します。
前回の記事をまだ読んでいないという方はまずはこちらを読んでから読み進めてみてね。


『商品撮影はこれでバッチリ!ISO感度を調整して写真を美しい仕上がりにする方法〜その1〜』

ISO感度とさらに撮影モードを変え、撮影してみた

ISO感度3200
M(マニュアル)モード
シャッタースピード1/50

iso

ボトルの形状:背景と境目がなく、ほとんど分からない。
ボトルの色:全体的に白色。
パッケージ部分の色:薄紫。
ポンプ部分の色:シルバーと、薄紫。
パッケージの文字:黒文字部分は読める。背景が黒い部分の白文字は読める。

ISO感度1600
M(マニュアル)モード
シャッタースピード1/50

iso

ボトルの形状:形状は分かる。パソコン画面の角度によっては、背景と同化され分かりにくい。
ボトルの色:全体的に白色。
パッケージ部分の色:薄紫とシルバー。
ポンプ部分の色:シルバーと、紫。
パッケージの文字:全ての文字がハッキリと読める。

ISO感度800
M(マニュアル)モード
シャッタースピード1/50

iso

ボトルの形状:ハッキリと分かる。
ボトルの色:全体的に薄グレー。
パッケージ部分の色:様々な色に光る部分と紫。
ポンプ部分の色:シルバーと、紫。
パッケージの文字:全ての文字がハッキリと読める。

だいぶ実物に近づいてきた感じがします(^o^)/

ISO感度を下げることで、画像を実物に近づけることに成功した!

前回はISO感度を下げることで、画像がどんどん暗くなっていき、商品が何なのかも分からなくなってしまいましたが、カメラの撮影モードをAVモードからM(マニュアル)モードに変えることで、ISO感度が低いままでも鮮明な画像を撮影することができました!

次に撮影照明の当て方と、シャッタースピードを調整してみます。
ISO感度は800で固定です。

撮影照明の当て方で商品の見え方がどう変わるか?

ISO感度800
M(マニュアル)モード
半逆光(斜め後ろからの照明)
シャッタースピード1/50

50

ボトルの形状:ハッキリと分かる。
ボトルの色:薄グレーっぽい。
パッケージ部分の色:様々な色に光る部分と紫と薄紫。
ポンプ部分の色:シルバーと、紫。
パッケージの文字:全ての文字がハッキリと読める。

光が当たる部分が何カ所かあることによって、ボトルの形状が丸みを帯びていることが分かります。立体的な画像になりました。
全体的に暗い印象の画像になり、斜め後ろから光が当たっているので、正面から見て右側に商品の影ができてしまっています。

ISO感度800
M(マニュアル)モード
半逆光(斜め後ろから照明を当てる)
シャッタースピード1/30

30

ボトルの形状:ハッキリと分かる。
ボトルの色:全体的に白に近い。
パッケージ部分の色:様々な色に光る部分と紫。
ポンプ部分の色:シルバーと、紫。
パッケージの文字:全ての文字がハッキリと読める。

シャッタースピード1/50のときと比較すると、全体的に明るい印象の画像となりました。
正面から見て右側の商品影は目立たなくなりました。

こちらの画像が一番実物に近いように感じます(。-_-)ノ

ISO感度800
M(マニュアル)モード
順光(正面から光を当てる)
シャッタースピード1/50

isoボトルの形状:ハッキリと分かる。
ボトルの色:全体的に白色。
パッケージ部分の色:様々な色に光る部分と紫。
ポンプ部分の色:シルバーと、紫。
パッケージの文字:全ての文字がハッキリと読める。

こちらもボトルの形状が丸みを帯びていることが分かります。
正面か光が当たることで、商品がより立体的に見えます。
背景は何となくグレーっぽいですね。
半逆光のときと比べて、商品の影は最小限になっています。

商品撮影をする際の最適なISO感度とは

ISO感度を800~3200まで調整したことにより、ISO感度が高いほど明るい画像が撮影できることが分かりました。
しかし、カメラの撮影モードとシャッタースピードを調整することで、ISO感度が低くても明るい画像を撮影することは可能になります。
さらにそこへ撮影照明の光を加えることで、より実物の商品に近い画像を撮影することが可能になります。
照明を使用する場合は、影を消すために2灯以上の使用をおすすめします!

この記事を書いた人

Profile image
会社の経理と撮影班のサポートを担当しています! 1982年1月生まれの30代も半ばに。。(‘A`) 生まれも育ちも静岡県です。 夫と幼稚園年少の娘の3人家族です! 趣味は、ゴルフ!と言いたいところですが、 娘がいるので年1回コースを回る程度で。。(-ω-;) 下手くそですが、家族で回るリゾートゴルフは最高ですね♪

ワシが書いた記事を新着順に並べるけんのぉ〜!クリックせぇよ!

ブログのランキングサイトに参加中!クリックで応援お願いします!

毎日クリックして応援してください(>人<;)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメントをお寄せください

*
*
* (公開されません)